格闘ゲームとキャリア

ストリートファイターVの攻略を基本に書いています。気に入った記事には星やブクマ貰えると嬉しいです。

新生リュウ爆誕!


f:id:Yuri-gorimusou:20181219215802j:image

 

ついに調整が…!シーズン4のリュウ

 

もう“たかし”と揶揄されていた今までのリュウはいません。生まれ変わって、真のリュウとして帰ってきました。

今回はS4でリュウに加えられた調整を詳しく見ていきます。

テンション上がりすぎて震えてます…(西野カナ現象)

 

調整項目

f:id:Yuri-gorimusou:20181219225114p:plain






特に重要な変更点を見ていきます。

 

1.中足のヒット硬直差+2f

→これにより中足がヒットしていた際に、より波動拳が繋がりやすくなった。またカウンターヒットした場合+4fとなり、立弱kやノーキャン昇竜が繋がるように。

 

2.波動拳の硬直2f減少、ガードバック拡大

波動拳の硬直が2f減少したことにより、より波動拳を飛ばれにくくなった。

→ガードバックの拡大によって、弾撃ちでラインを押すことも出来るようになった。ガードバック拡大は安全波動を撃てるかにも関係するため、弾撃ちの判断にも大きな影響を与えることに。

 

3.波動拳の緩急がより明確に

→弱波動は遅く、強波動は速くというウル4にもあった調整で、弾抜けがしにくくなったのはもちろん、垂直飛びに対しても踏ませやすくなった。遅い弾をガードさせれば、より大きな有利フレームを作ることが出来るため、硬直が2f減ったことも相まって弱波動が非常に強力な選択肢に。

これにより中距離以遠で弱波動をガードさせると、次の波動拳が飛べない安全波動になりやすくなった。

 

4.EX竜巻から起き攻め可能に

→S3まではその場受け身に±0、後ろ受け身に+5fという状況で、起き攻めが出来なかった。

S4からはその場+2、後ろ+7fで距離が近いという状況に変わり、起き攻めが可能となった。

 

5.足刀のコマンド変更、発生強化、EXの前進距離増加

→コマンド変更によって、歩き屈中kや離し入力から暴発しやすかった足刀が改善。またS2まで存在した、立弱kに真空コマンドを仕込むことでの立弱kCA仕込みが復活。

→発生強化により小技から弱足刀が繋がるように。これによってリュウの高性能な立弱kからダウンを奪え、地上戦の技振りに幅が生まれた。

→EX足刀の前進距離が増加したことで、今まで入らなかった距離からのコンボ火力が爆上げ。仕込みでも当たりやすくなったため、全体的な火力アップに。

 

 

<まとめ>

波動拳の強化によって、相手をより弾撃ちで動かすことが可能になった。

また足刀が通常技から繋がりやすくなったことで、置き技からリターンが取れやすくなった。そして中足波動の強化で前に来る相手に対しての抑制力が増加。

 

攻めや崩しに関する方向では大きな調整はなかったが、全体的に立ち回りを強化する調整が入った。トリガーで一発逆転、ではなく立ち回りからしっかりダメージを積み重ねて勝ちなさい、という開発からのメッセージか。

 

これでようやく胴着キャラクターの差別化が上手くされるようになった。

 

守りのリュウ・攻めのケン・技の豪鬼

 

ただぶっちゃけ、まだまだ豪鬼の方が強い。

S1→S2のようなダルマ調整にしなかったのはCAPCOMも学んだのだろう。

これで良いと思う。

 

上を下げて、下を上げるという方向性が見えたし、今回は上のキャラクターも下げすぎていない。まだまだ戦える水準にいる。

 

今シーズンのリュウは確実に真ん中より上、つまり中堅上位に位置するキャラクターと言っても良い。

ただ実際には、リュウにとってあまり相性の良くないバーディー、豪鬼、ベガ、メナト、ラシードは依然として上位にいると予想。恐らくリュウの1キャラのみでトーナメントを勝ち上がれるほどの爆発力はない。しっかりとピンポイントでカウンターピックを用意して、対戦に臨むのが次のシーズンではないか。

 

ちなみに僕は…

“臭ってる”アレックスとのダブルメインで行きます。